×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カービィのクッキー


綺麗な色してるだろ…着色料使ってないんだぜ…これ
実は前々からカービィのクッキーを作ろうと思っていた。
前回のチョコ同様グミの容器を使えばいけるんじゃないかと数年前に試したが
焼けば膨らむので目や口が潰れてしまいただの丸いクッキーになり失敗に終わりました。

それから数年後、ピンク色の生地の作り方とか色々学んだので作ってみました。

大まかな流れ

今回クッキーを作った時の大まかな流れです。チョコの時に比べると結構時間かかります。
1.顔用の型を作る

2.クッキーの生地を作る

3.1時間ほど生地を寝かす

4.生地を丸くくりぬいたら顔用の型を使いココアパウダーで顔を描く

5.クッキーを焼く

6.ホワイトチョコで白目を入れる。

今回はココアパウダーを使用して顔を描いたので型が必要ですがチョコペンで描く場合は不要です。
そっちのほうが多分楽です。

それでは細かい作り方に入っていきます。

顔用の型作り

顔の型の材料
・クリアファイル
・紙
・クッキーをくりぬく時の丸い型
・セロハンテープ
・カッター
・鉛筆とかの描くもの
クリアファイルから、目、口、頬の部分を切り取りその上からココアをかければ顔になるということです。
まずは紙にカービィを書きます。クッキーの丸い型はカービィの輪郭(?)を書くのに使うと便利です。

普段使ってるパソコンがプリンターとつながってなかったので手書きなのですがよく考えたらパソコンで描いてもよかったですね。
絵では白目も入ってますけど白目は後でチョコペンで描きます。

その後この紙をクリアファイルに貼り付けカッターで切り取ります。最後に使いやすいサイズのカットしておきましょう。

透明だから画像がわかりにくい…

生地作り

クッキー生地を作ります。材料いれて混ぜるだけなんで楽です。
生地を作る前になぜピンク色になるかと言うと紫芋の粉を使ってるからです。
紫芋そのものは紫色ですがこれにレモンの汁を混ぜることで色が変化するのです。

左が通常の紫芋の粉、右がレモン汁を混ぜたもの。

クッキーの材料
・薄力粉 60g
・片栗粉 6g
・紫芋パウダー 小さじ1
・塩 ひとつまみ
・油 23〜25g
・粉糖 26g
・水 15g(大さじ1)
・レモン汁 4g(小さじ1弱)
これで10枚強焼けます。

クッキーの材料や焼き方は以下のサイトを参考にしました。
みぃすけのひとりごと♪_紫芋ツリークッキー&ココアの星型クッキー
ほとんどが参考元のままです。

変えた部分ですがまず紫芋パウダーの量。少なすぎると色が出ず試した結果小さじ1が丁度よい色になりました。(個人的に)
ただし紫色の芋にも色んな種類があるのでここらへんは実際に作って試すしかないでしょうね。

左がひとつまみいれたもの、右が小さじ1いれたもの
色が濃いように見えますが焼けば薄いピンクになります。

次に油の量が少し増えてます。これは紫芋の粉を増やしたことと後でココアパウダーをつけるためです。
詳しいことはわかりませんがココアパウダーはクッキー生地の油分にくっつくらしいので油分が少ないとだめらしいです。

ちなみに生地の作り方ですが水とレモン汁以外をボウルにいれ最後に水とレモン汁をいれて混ぜるだけです。
超簡単。ある程度まとまったらラップにつつんで冷蔵庫で1時間ほど寝かせましょう。

成形〜ココアで顔を描く

寝かした生地を伸ばして型で丸くくりぬいていきます。ここらへんは普通のクッキーと一緒です。

丸くくりぬいたら次は顔です。まず最初に作っておいた顔用の型を生地にそのまま貼り付けます。
そしてココアパウダーを上からふりかけ、型の空いている部分(目、口、頬)に馴染ませます。この時筆を使うと便利です。というか使わないと無理です。
生地とココアが馴染んだら残ってるココアを筆で型の上から落とし、型を剥がします。

この作業が一番めんどくさく、うまく型が作れてなかったり生地と型がくっついていないとはみ出たりします。

焼く

焼きます。しかし普通に焼くと小麦色が出てピンク色が消えてしまいます。
かと言ってしっかり焼かないとあんまり美味しくないのです。これが難しい。
結果として長時間低い温度で焼くことにしました。

まずオーブンを140度で温めます。ここは普通です。
焼く時の温度は140度で30分〜35分がちょうど良いと思います。35分超えるとカービィが日焼けサロン行ったことになります。
で、これが35分焼いた時の写真です。(ピンク色が薄いのは紫芋の粉が少なめなためです。)

奥のものは焼けて手前のは物足りない感じです。
これを打破するにはどうすればいい…そこでこう思いつきました。

焼いている途中で前後入れ替えればよくね?

なんて天才的なんだ、そして140度で最初に20分、その後10分〜15分焼くという手法で焼きあがったのが…

クッキーとしてほんのり焼けていて尚且つピンク色が生きている難しいラインが達成できました。

なんで3個しか映ってないのってのは実はココアパウダー付ける段階でミスったりしたからで他のも焼き加減自体はなかなかのものでした。

仕上げ

最後にチョコペンで目に白をいれます。

完成!!
味自体はなかなか悪くないですね、若干紫芋とレモンの風味が残ってて普通のとは違うクッキーになります。
ただココアが若干粉っぽいかな…やっぱこれ目とか口とか全部チョコペンで描いたほうが…

それはともかくカービィ好きの人に送れば喜ばれると思いますよ。

参考文献
みぃすけのひとりごと♪_紫芋ツリークッキー&ココアの星型クッキー_2009/12/03 (Thu)
TOPへ戻る
制作:2012年3月8日